重力ピエロ


2009年の日本映画です。

伊坂幸太郎先生の同名小説の映画化です。
監督は森淳一さん。

{39244787-50C7-4D68-81F7-D06E1D41079F}


遺伝子研究をする兄・泉水(加瀬亮)と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・春(岡田将生)。

{5A2F7B1C-4041-41F4-B697-301DCC5F20CB}

{C52CFCA1-DC11-445E-92D3-E93E07354E61}


そして、優しい父(小日向文世)と美しい母(鈴木京香)。
穏やかに暮らすこの家族には、過去に辛い出来事があった。

{80C35558-095F-49B7-8CF7-9CD6A76D7904}

{40525A1E-1048-469F-A81F-103DB5FB5C28}


その記憶を抱えて兄弟が大人になった時、事件は始まる。
謎の連続放火事件と、火事を予見するような落書き(グラフィティアート)の出現。
春を付け回す謎の美女(吉高由里子)と、突然街に帰ってきた男(渡部篤郎)。
すべての謎が解けた時、24年前から今へと繋がる家族の秘密が明らかになる……。

{4AA54244-DC77-41D7-B4E9-638299004887}
{16F4FEEB-8512-4919-8728-69B29D936BA6}
{085803B0-645A-4DAB-A823-ADF8D4248C39}


数々の伏線を基に、重力を背負った家族の愛と葛藤を描いた悲しいお話でした。

『春が二階から落ちてきた』から始まるこの物語は、一見ホームドラマの様相を呈していますが

実は極上のミステリーに仕上がっています。

{B760D14B-0995-4C8D-ADA7-3D485AD03AF0}


泉水と春の兄弟…
どちらも英語で読めばspring🌸

春のストーカーをする女…
春を追いかけるから夏子さん

何とお洒落でウィットに富んでいるのでしょう!

遺伝子やコドンのお話をストーリーに絡めてくるあたりもなかなかお洒落でした。

本当に素晴らしい作品‼️
出演者も皆さん素敵でしたね。

お父さん役の小日向文世さんは言うに及ばず。
加瀬亮さん&岡田将生さん兄弟が醸し出す静寂と危殆は原作をはるかに超えていたのではないかと思われます。

{670FB813-01F5-46C3-B88D-453A8700333E}


渡部篤郎さんの狂逸さはこの作品でも際立っていました。
スゴい俳優さんです。

{0C2BFC71-9ADB-48B6-88AD-6849D40D147A}


ただ…
夏子役の吉高由里子さんがよくわかりませんでした💦


エンディングテーマ曲も良かったです♪





是非観ていただきたい1本です✌️