愛する人

2009年のアメリカ=スペイン合作映画です🎬

原題は“Mother and Child”
脚本・監督はロドリゴ・ガルシア

{9BE04EEE-FE68-4065-8F73-3F129AF2EF47}


カレン(アネット・ベニング)、51歳。
老いた母親を介護し働く日々。
14歳の時の初恋で妊娠・出産したが、幼すぎたゆえ母親の反対にあい娘を手放した。
エリザベス(ナオミ・ワッツ)、37歳。
弁護士として素晴らしいキャリアを持つが、養子に出された経験からか、家族や恋人と深く関わることを拒んでいる。
母として、娘として、女として何かを失ったまま生きてきた二人。
そんな時、それぞれの身の上にある出来事が起こり、彼女たちは決断をする。
時が過ぎ去る前に、愛していることを伝えたい……。

{FBDC959D-FA7A-4855-9788-D4486C853010}

{57E2E77A-AB1F-44B1-A01C-FD0BDCCE47F9}

{BD945044-A48B-4AE1-BFF1-F387C5FA6305}

{A436931C-880B-422A-A690-A131FA9E211B}


良い作品でしたね〜😊

様々な形の母娘の愛が描かれています。

みんながみんな
心に闇を抱えていて
ゆえに臆病だったり不器用だったり
時に残酷だったりします。

そういう視点はとてもリアルでした。

シングルマザー、不妊症、養子縁組、未成年出産、育児ノイローゼ、不倫・・・

キーワードは盛りだくさんですが
欲張り感がなくて好感が持てました。

カレン役のアネット・ベニングは上手かったですね❗️
ストーリーが進むにつれ、表情がどんどん変わり、美しくなっていきます。

{BB0A7D8D-8BB0-4411-86F3-7127197FF976}


ナオミ・ワッツ扮するエリザベスは何だかよくわからない人でした💦
決して共感はできませんでしたが
同情はしてしまいました。

{7C96F0BB-E1B3-4E2F-8409-1B149D351F93}


やりきれない
とても悔いが残るお話で
後半は号泣しっぱなしでした😭😭

母性とは?
血縁とは?
愛とは?

いろいろと深く考えさせられました。

大人の女性のための作品ですが
若い世代の女性に是非とも観ていただきたいと思います。