惑星のかけら

2011年の日本映画です🇯🇵

3人の女性監督が女性ならではの視点で
“女性の恋とセックス”をテーマに撮り上げた
『ポルノチック』シリーズの1作です。
脚本・監督は吉田良子。

{D3758E55-01A8-4E6A-A5C6-9347C48DF90A}


母親の再婚を嫌い、帰らぬ父との思い出を求めてかつて住んでいた渋谷の街にやってきた少女・和希(柳英里紗)は、元恋人(河井青菜)をストーキングするナルコレプシーの青年・三津谷(渋川清彦)と出会う。
和希は三津谷と行動をともにするうちに、ひとりの女性を思い続ける三津谷の姿にひかれていくが……。


{4107D02A-4A8F-4BB8-8D68-ACD902FD8EEC}

{B95F510C-DDE7-4591-971A-8C818D520CE5}

{007DE327-77C9-4CA9-A773-6EF279C2EFE9}

{352B4C86-6894-4A09-9774-1D2823CE3553}


頭の弱いファザコン少女と
イかれたストーカーおじさんの
ラブストーリーでした💦

渋谷の街を舞台にした
73分という短めの尺の作品で

“女性ならではの視点”なんて銘打っている割には
それらしさは見当たらず。
単なる“女性監督の映画”だったと思います。


渋川清彦さん演じる三津谷がナルコレプシーを患っているという設定だけに惹かれて観ましたが

渋川さん…
怪しげで良かったです✌️

一年くらい前に渋川さん主演の『下衆の愛』を劇場に観に行ったのですが
(同作に脇役で出演していたマツモトクラブさんがお目当でした)
それ以来ぶりでした。
イイ俳優さんですね〜♪

{B70260E0-3064-405A-952F-027230E534D3}


“下衆”と言えば
渋川さんが追いかける元カノ(河井青菜)…
とんでもない下衆女でした(笑)


そして和希役の柳英里紗さん…
う〜ん💦
棒読みの台詞は敢えて…なんでしょうね。
(他の作品を観たことがないので何とも言えませんが)


お時間があればどうぞ〜
渋川清彦さんがお好きな方は是非❗️
って感じです。

最後に…
ナルコレプシーについてちょっと解説。

睡眠障害の1つで
精神科で診ることが多い疾患です。

日中、所構わず起こる強い眠気の発作を主症状とし、『自発的に覚醒する能力』および『レム睡眠を調節する機能』の両方が阻害される病気です。

入眠時に金縛りや幻視、幻聴を伴うこともあります。

{5641B187-2EBC-4D00-930F-C57A14377483}


オレキシン』という視床下部から分泌される神経伝達物質が欠乏することによって起こるのではないか?と言われています。

{2E445BF2-1F23-4ECC-9EC6-9F379C1EF19E}