ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

2011年のアメリカ映画です🇺🇸

原題はExtremely Loud & Incredibly Closeです。
ジョナサン・サフラン・フォアの同名小説が原作です。
監督はスティーブン・ダルドリー。

{82F7AAAA-3951-45B4-96A6-CAEC7ADBB321}


9・11の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。
ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

{8028BEA0-64F2-469B-9AE2-D0D9AB00F6E3}

{97874E97-739C-42B1-930B-425E46767E34}

{A7EB8A51-3489-4027-8663-E7A0B7BABA75}

{3F136127-5D9F-42FE-BCEB-0D0988041FA9}

{F890A0E2-CD17-4A05-A922-26155FFA8616}

{C8A67D50-1E25-43D3-ADAA-258F859355D1}


大好きな父親を亡くしたアスペルガー症の少年が、父親の遺した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走し、そこで様々な人たちと出会い、彼らの助けを借りながら、自分を取り巻く危険と喧騒に満ちた世界に適応していく…というお話です。


9・11からの再生がメインテーマですが
私は職業柄どうしても少年の障害の部分にばかり目がいってしまい、ストーリーにあまり入り込めなかったです💦


オスカー役のトーマス・ホーンくん…
子役とか何でもなく一般から抜擢された少年のようですが
素晴らしい演技力でしたね。

{4B5CA422-2B5B-4028-9F56-15BC8BEB80AF}

彼が演じる無表情と内的激越はお見事でした。
将来が楽しみです
(出演作は本作のみで次回作の予定もないようなので、ひょっとしたら今後俳優の道に進むことはないかしら?だとしたらもったいない😭)


父親役のトム・ハンクスは冒頭と回想シーンでしか登場しませんでしたが
露出が少ない割にはストーリーを通しての存在感がものすごくありました。
さすがです‼️

{ECE597FA-1D07-4460-AEA5-23998B10D069}


母親役のサンドラ・ブロックは控えめな演技が素晴らしかったです。

{BA2686EB-8D43-4985-8332-8CC062C34BCA}


残念だったのは
鍵のオチがあっさり…というか期待外れで
え?
って感じをずっと引きずってしまい、ラストがどうでも良くなってしまいました💦

それとおじいちゃんに関して。
俳優さんはとても素晴らしかったのですが
オスカーにとってキーパーソンとなる人物な訳だし、もう少しプロフィールを丁寧に描いて欲しかったなぁ。
ま、謎に満ちた…でもいいんでしょうが。

{1170B95B-0003-4421-9C0B-B6B14EE99137}


いろいろなレビューに書かれているほど感動とか号泣はありませんでしたが
ご覧になって損はない作品だと思います。

小児科や精神科の研修医には違う意味で是非観ていただきたいです。