テロ、ライブ

2013年の韓国映画です🇰🇷

監督はキム・ビョンウ。




国民的アナウンサーとして活躍していたが、ある不祥事でテレビ局からラジオ局へ飛ばされてしまったユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。

ある朝、生放送中の彼の番組に脅迫電話がかかってくる。

イタズラと思って電話を切るが、その瞬間に漢江に架かるマポ大橋が爆破される。

やがて、連続する爆破テロの犯人が脅迫電話の相手だと判断したヨンファは、彼との通話をテレビで独占生中継する。

その後、大統領の謝罪と21億ウォンの現金を要求した犯人は、ヨンファの耳に付けられたイヤホンにも爆弾を仕込んだことを告げる……。










爆弾テロリストからの犯行予告電話を受けた人気キャスターが
視聴率獲得のために犯人との通話を独占生中継したことから
テロの一部始終がテレビカメラの前で次々と展開していく様を描いたサスペンススリラーです。

ストーリー開始早々にテロが起こし
そこからはノンストップで事態が展開していきます。

テンポが良くて
ハラハラドキドキ感も満載で
面白かったです。

ビルが倒壊する映像も迫力がありました。


ラストはとても切なかったのですが
ダラダラとした後日談などなくて
ある意味潔い終わり方だったと思います。

主演のハ・ジョンウ…
良い俳優さんでしたね。



韓国の格差社会や賄賂社会、腐敗した警察と政府を痛烈に批判した作品でしたが

日本人の私たちからすれば外国のお話…といった感じで今ひとつ感情移入はできませんでした。

ただその迫力には圧倒されましたが。

お時間があればどうぞ。