ザ・サークル

2017年のアメリカ映画です🇺🇸

デイヴ・エガーズが2013年に上梓した同名小説が原作です。




世界一のシェアを誇るSNS企業『サークル』に勤めることになったメイ(エマ・ワトソン)。
サークルの経営者ベイリー(トム・ハンクス)は、オープンでシェアし合う社会を理想としていた。ある日、新サービスが発表され、メイは自らの24時間をネットワークで全世界に公開するモデルケースに選ばれる。
すぐさまメイは1,000万以上のフォロワーに注目されるようになるが……。








SNSを題材にしたスリラー映画です。

プライバシーを透明化することが正義であるとか
秘密は嘘であり犯罪であるという考え方に洗脳されていく人々が描かれています。

その様はまるで新興宗教団体のようで
ホント怖かったです。

トム・ハンクス演じる『サークル』のCEOベイリーがスティーブ・ジョブズみたいでした💦




24時間プライベート公開だなんて…
ちょっと考えればヤバイって気づくはずなのに
それに気づかない(洗脳された)メイは
一見聡明そうに見えますが
かなりアホ女でした。


エマ・ワトソンが演じたから賢そうに見えただけで
SNSに支配されるこの手のアホ女…
私の周りにもたくさんいますね。

『サークル』の元創始者の1人で
メイとともにこの会社の悪事を暴こうとしていたタイ(ジョン・ボイエガ)…

結局何かをする訳でもなく
ただの傍観者みたいで

何も解決せず
ふわっとした感じでお話は終わりました。

うーん
結局何が言いたかったのでしょうか?この映画。



トム・ハンクスエマ・ワトソンの名優2人に助けられただけの作品といった感が否めませんでした。



お時間があればどうぞ。

本作はメイのお父さんとお母さんを演じたビル・パクストンとグレン・ヘドリーの遺作となった作品だそうです。


メイのお父さんは多発性硬化症を患った役でした。


大統領の料理人

2012年のフランス映画です🇫🇷

監督はクリスチャン・ヴァンサン。



ある日、フランスの田舎でこじんまりとしたレストランを経営するオルタンス(カトリーヌ・フロ)のもとにフランス政府の公用車がやって来る。
彼女はパリ中心部にあるエリゼ宮殿と呼ばれる大統領官邸へと招かれ、フランソワ・ミッテラン大統領のプライベートシェフに任命されたのだ。だが、これまで女性料理人がいなかった男社会の厨房ではオルタンスはよそ者でしかなく……。









『フランス最後の国父』と称されるフランソワ・ミッテラン大統領に仕えた、仏官邸史上唯一の女性料理人ダニエル・デルプシュの実話を描いた作品です。

こちらが実際のダニエル・デルプシュさん。




食を扱った映画は期待を裏切らない…と常々言っていますが

本作はまあまあだったかなー

フランス人の意地の悪さや傲慢なところやが随所に描かれていて
そういう意味では面白かったです。

プライドの高い女料理人が我を通して暴走し
みんなに煙たがられて居場所をなくし
辞職した後南極料理人となって昔を回想する…
というストーリー展開ですが

このおばちゃん以上に
官邸の男性料理人たちの意地の悪さと言ったらハンパなかったです。

男の妬みってホント見苦しいな…って思いました。



オルタンスの助手をしていたパティシエの男の子はイイ子でしたが。
(イケメンだったし)



ミッテラン大統領がとても素敵に描かれていました。



深夜に初物のトリュフを見たくて厨房に忍びこみ
そこでワイン片手に
トリュフがたっぷり載った黒パンを愉しむ大統領…
お茶目なで良かったです☺️





フランス人が旬の食材にこだわるところとか
食を通してのおもてなしの精神は
日本人に通じるところがあって
何だか嬉しかったです。



フランス映画にありがちな
曖昧なエンディングではありますが
小難しさもなくサラッと観れる作品です。

お時間があればどうぞ。


母なる証明

2009年の韓国映画です🇰🇷

監督はポン・ジュノ



早くに夫を亡くして以来、知的障害がある一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。
そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。
事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない中、ヘジャは真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとする……。









凄惨な女子高生殺人事件を皮切りに
事件の容疑者となった息子と
息子の無実を信じて真犯人を追う母の姿を描いたサスペンス映画です。

いろいろな意味で凄い映画でした。

『国民のお母さん』と韓国では呼ばれているキム・ヘジャエンジン演じるお母さん…
かなりcrazyな人でした。

息子が可愛すぎると
母親なんて多かれ少なかれcrazyにならざるを得ないものなのでしょうが
このお母さんは理解不能でした。



映画のオープニングでお母さんが踊り狂っているシーンが登場しますが
あれが本作の全てを物語っているような気がしました。



ウォンビン演じる息子のトジュン…
名演技でしたね。



いろいろなレビューを見ると
『トジュンは知的障害じゃないのでは?』
『知的障害のフリをしているだけでホントは高IQなのでは?』

というのを幾つかありましたが

知的障害ではなく発達障害(IQはそんなに低くない、おそらくアスペルガー症)だと私は思いました。

で、真犯人については
ネタバレになるので詳細は述べませんが

犯人探しをしていく中で
殺された女子高生の自称恋人という男の子が登場します。



ジョンパルというダウン症の男の子…
日本人という設定らしいです。

日本語字幕には『ジョンパル』と人名みたいに表記されていましたが

英語字幕では『crazy JP』(イカれたジャップ)となっていたようです。

やっぱりネタバレになってしまいますが
このジョンパルという子が真犯人として最後に逮捕されます。
(真犯人は別にいます)

日本人は悪人…ということが言いたかったのでしょうか?

いやいや
この作品…
とんでもない反日映画です😠
ま、いいけど。
ストーリーは途中までまあまあ面白かったので。

後味の悪い結末の作品でした。
こんな結末でいいの?
っていう感じでした。

お時間があればどうぞ。


希望のかなた

2017年のフィンランド映画です🇫🇮

第67回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した作品です。
脚本・監督はアキ・カウリスマキ



カーリド(シェルワン・ハジ)は石炭を積んだ貨物船に隠れ、内戦が激化するシリアのアレッポから遠く離れたフィンランドの首都ヘルシンキにたどり着く。
差別と暴力にさらされながら数々の国境を越え、偶然この地に降り立った彼は難民申請をする。
彼の望みは、ハンガリー国境で生き別れた妹ミリアム(ニロズ・ハジ)を呼び寄せることだけだった……。







 
生き別れた妹を探すシリア人青年が
レストランオーナーと知り合い
絆を育んでいく様を描いた作品です。

難民問題がテーマですが
コメディ要素もあり
とても面白かったです。


レストランの売り上げが芳しくなくて
お寿司屋さんに鞍替えしたシーンは笑ってしまいました。


大量のわさび💦



フィンランドという国は個人的になかなか馴染みがありませんが

困っている人にすぐに手を差し伸べてくれる優しい国という印象を抱きました。

この映画に登場する人は
ネオナチの青年たちを除いて
みんな良い人ばかりでしたね。




カウリスマキ監督の愛犬が本作でも登場しました。

↑ヴァルプです。可愛い☺️

最後はなんかふわっとした感じで終わりました。
あとひと盛り上がりあると良かったかな?


難民問題を取り上げた作品は悲惨なシーンが多かったり心が重くなりがちですが

本作はサラッと観れる良作だと思います。

劇中で流れる音楽がすごーくカッコ良かったですです✌️

まずまずお薦めです。
お時間があればどうぞ。


ダブル/フェイス

2017年のカナダ映画です🇨🇦

監督はジョナサン・ベイカー。



ブライアン(ニコラス・ケイジ)とアンジェラ(ジーナ・ガーション)夫妻は数回の流産を経て、ドナーから卵子提供を受けてようやく授かった娘と一緒に暮らしていた。
ある日、街に移り住んできたばかりのシングルマザー、ケイティ(ニッキー・ウィーラン)と親しくなったアンジェラは仕事への復帰も考慮し彼女にシッターを依頼する。
一方、ブライアンは息子を欲しがっており……。









幸せな医師夫婦の家庭にシッターとしてシングルマザーがやって来たことから
家族の平穏な日常が揺らいでいくサスペンス映画です。


ケイティは正真正銘のサイコパスですね。
ブライアンのお母さんと、アンジェラはその後見抜いていましたが
ブライアンは全然見抜けない…

アンジェラがずーっと
『ケイティはヤバい女だから』
って言い続けていたのに
全く信じようとしないブライアン💦


キレイな女性だと騙されてしまうんでしょうね。
ホント、男はアホです💢

ニコラス・ケイジ…ダメ男でした。

アンジェラに感情移入しながら観ていたので
終始イライラし通しでしたが

軽ーくどんでん返しはあったものの
最後はあっけない幕切れでした。

一言で言えば
母親と代理母のバトルを描いた作品なのですが
サスペンス要素は今ひとつ…
でもフツーに面白かったです。




ケイティを演じた女優さん…
昔のメグ・ライアンキャメロン・ディアスを足して2で割った感じですが
なんか品がなくて
個人的には苦手なタイプでした。
痩せすぎだし💦



どうでもいいお話ですが
ブライアンとアンジェラの間に人工授精で産まれた第1子↓
なんで『コーラ』って名前??




女は怖いよ!
ってお話です。

お時間があればどうぞ。


ロスト・エモーション

2015年のアメリカ映画です🇺🇸

製作総指揮はリドリー・スコット
監督はドレイク・ドレマス。



人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。
破壊を免れた土地に生き残った者たちは『人類を滅亡させる最たる原因は感情だ』という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。
そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は『欠陥者』と見なされ、DENと呼ばれる隔離施設へ強制的に送られて安楽死させられる。
感情を“発症”してしまったサイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュワート)は、外の世界へ脱出することを決意するが……。









白を基調とした映像美溢れる作品です。
日本でもロケが行われ
世界的建築家である安藤忠雄さんの建築物が撮影に使用されました。

個人的には好きなタイプのSF映画です。
やや間延びしたストーリー展開ではありましたが
結構面白かったです。


『感情抑制不能症(SOS)』を発症したサイラスとニア…

やがて2人に恋愛感情が芽生えます。

私たちは病気ではない
これが普通なんだ!

で、2人は〈イコールズ〉からの逃避行を図ろうとします。

闇感染者なる人たち…
つまり
感染したことを隠して生活している人たちで
彼らが2人を外に逃がそうと協力してくれます。
闇感染者たちは自助グループを作っていて
そこで感情表出をすることで互いにサポートし合っています。
まるで精神疾患自助グループみたいでした。

↑闇感染者です。


が…意外な結末が待っています。


オチは何となく読めました。
あわや『ロミオとジュリエット』状態になりかけますが・・・
(後は本編を観てください)



しかし
もしこのような社会が実在したら

精神科医って存在する意味なくなるよね?

なんて思いました。

私…失業してしまいます💦


作中で腕にピッと当てるだけで採血して診断までできる注射器が登場しますが

あれ…良いですね。



サイラス役のニコラス・ホルト
イケメンなんでしょうけど
いつもお口が半開きで
苦手なタイプでした。



かなりお薦めの作品です。
是非‼️


くも漫。

2017年の日本映画です🇯🇵

監督は小林稔昌。



長きにわたりニートだったものの、父親のコネで教育現場で働き始めた29歳の中川学(脳みそ夫)は、ようやく将来の展望が開けたことでテンションが上がり、札幌ススキノの風俗店に向かう。
ところが、店で一番人気の風俗嬢のサービスにより絶頂を迎えた瞬間、くも膜下出血を発症してしまう。
完治するのが難しい病から奇跡的に生還する学だったが、どこで倒れたのかは家族に隠しており……。









漫画家の中川学さんが実際に体験した出来事を描いたノンフィクション漫画を実写映画化した作品です。

風俗店でくも膜下出血を発症した主人公の過酷な闘病生活
発症時の状況を周囲に隠し通そうとする奮闘が
コメディタッチで描かれています。



くも膜下出血の発症から回復までが
本作を観ればよくわかります。

コメディ映画ですが
教育的な医療ドラマといっても過言ではないと思います。

疾患に関してほぼ正しく説明されています。
急性期を脱した後、医師が
『もうタバコだってバンバン吸えますよ!』
って言ったのはダメですが💦



主役の学を演じたのは芸人に脳みそ夫さんです。
大好きな芸人さんで
8年くらい前かなー
当時応援していたピン芸人我人祥太さんとコンビを組むようになり
その時初めて知りました。


(右が脳みそ夫さん、左が我人祥太さん)

いつの間にか解散され
その後ピンになり
何かのライブの打ち上げでご一緒させていただいたことがあります。

一昨年のR-1ぐらんぷりで再会し
めちゃくちゃ面白くなっていて感激しました。



R-1の時はわからなかったのですが
本作で久々にお姿を拝見して
おでこが随分…(以下、自粛💦)



脳みそ夫さんが脳みその疾患を描いた映画に主演されるなんて!

フツーに面白かったです。
お時間があれば観てください。