朝霧

古い映画を観ました。

1968年の日本映画です🇯🇵

監督は吉田憲二




由紀(八千草薫)と恭子(和泉雅子)の母娘は、久しぶりに郷里の福井に帰ってきた。
由紀の夫・恭一(山根久幸)は越前銀行頭取坂井謙造(柳永二郎)の息子だったが、二人の間に恭子が生まれた時、結婚を許さぬ謙造は強引に恭子を奪おうとした。
由紀はそのため東京にのがれ自活していたが、息子の恭一が戦争で死んでから謙造の怒りも解けて帰ってきたのだった。
それでも由紀は謙造に頼らず、友人である孝代(佐々木すみ江)の世話で市内で洋裁店を営み、恭子はかねてより念願の看護婦として県立病院で働くことになった。
謙造はせめて恭子だけでも豪荘な自分の邸に住んでくれるよう頼んだが、母想いの彼女は明るく断わった。
恭子の病院生活は楽しく、一緒に無医村を廻っている青年医師・沢村耕次(杉良太郎)に次第に魅かれていった……。









酷寒の福井を舞台に
共依存の母娘の生活を描いたお話です。

戦争や公害問題(四日市ぜんそく)などにも言及されていて
単なるホームドラマというよりも
社会派の要素も盛り込まれた作品でした。

モノクロで吹雪や荒波のシーンが多く
全体的に暗い映像でしたが

和泉雅子さん扮する恭子が明るすぎて
とてもギャップを感じました。
20歳くらいの設定なのかな?
もう大人なのに自分のことを『私』と言わないで『恭子』っていうお嬢さん…
個人的には苦手です💦


とはいえ
この頃の和泉雅子さん…
ホントお綺麗ですね。

お母さん役の八千草薫さんも40代かな?
美しかったです。



恭子が恋心を抱く相手役(内科医)に杉良太郎さん。



波瀾万丈という感じのストーリー展開はなくて
まあこうなるよな…って結末でした。

お時間があればどうぞ。

※予告編はございません。

THE GUILTY/ギルティ

2018年のデンマーク映画です🇩🇰

脚本・監督はグスタフ・モーラー




警察官のアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)はある事件を機に現場を離れ、緊急通報司令室のオペレーターとして勤務していた。

交通事故の緊急搬送手配などをこなす毎日を送っていたある日、誘拐されている最中の女性から通報を受ける……。










主人公が電話の声と音を通して誘拐事件の解決を図ろうとするサスペンス映画です。


緊急ダイヤルの通話を頼りに誘拐事件と向き合うオペレーターの奮闘が描かれています。


いわゆる『密室劇』で

姿を現す登場人物はほぼアスガーのみです。

緊急通報司令室だけでストーリーが繰り広げられます。


よくあるパターンではありますが

緊迫感が伝わってきて

脚本の良さが実感できる作品でした。




事件がただ進行するだけではなく

登場人物が訳ありだったり

誘拐された女性も訳ありだったりして

後半にどんでん返しが起こります。


これは予測不能でしたね💦


かなりお薦めの作品です。

是非‼️



スペインは呼んでいる

2017年のイギリス映画です🇬🇧

監督はマイケル・ウィンターボトム




イギリスの有名なコメディアンであるスティーヴ(スティーヴ・クーガン)とロブ(ロブ・ブライドン)は、スペインへ取材旅行に出る。

二人共仕事は順調だったが、恋人との関係や別々に暮らす息子のことなど心配事を抱えていた。

カミーノ・デ・サンティアゴの巡礼の道や世界遺産の街クエンカなどを回る5泊6日の旅が終わりを迎えるころ、スティーヴはある決断をする……。










前作『イタリアは呼んでいる』で共演したスティーヴ・クーガンロブ・ブライドン

本人役でスペイングルメの旅に繰り出すロードムービーです。

ちなみに前作は観ていません💦


北はバスクから南はアンダルシアまで

ティーヴが運転するレンジローバーで旅するのですが


グルメの旅というよりは2人の会話劇で

訪れた各所でご当地の名物を食べながら

モノマネやちょっとしたショートコントを繰り広げるというお話でした。




おっさんのおふざけトークではありましたが

テンポが良くて

個人的には面白かったです。




スペインは大好きな国です。

大学時代、必修じゃなかったのに第三外国語にスペイン語を選択した私は結構楽しめました。


スペインに行きたくなる作品でしたね。


終盤に大事件が幾つか起こるのですが

未解決のまま

ふわっと余韻を残す終わり方で


若干のもどかしさはありましたが

続編に期待!

という感じです。


お時間があればどうぞ。



家族はつらいよ2

2017年の日本映画です🇯🇵

監督は山田洋次




家族全員を巻き込んだ平田周造(橋爪功)と妻・富子(吉行和子)との離婚騒動から数年。

イカーでのドライブを趣味にしていた周造だが、車に傷が目立つようになったことから長男・幸之助(西村雅彦)は運転免許証を返上させようと動く。

だが、それを知った周造は意固地になって運転を続ける。

ある日、行きつけの居酒屋のおかみ・かよ(風吹ジュン)を乗せてドライブをしていた周造は、故郷広島の同級生・丸田吟平(小林稔侍)と偶然再会。

周造は四十数年ぶりに一緒に酒を飲み、丸田を自宅に泊めるが……。









ワケありクセあり一家の悲喜こもごもを描いたコメディドラマの続編です。


以前にこのブログで第一作と第三作について紹介しましたが

この第二作は何故か観ていなくて

今回アマプラでようやく観ることができました。


本作はお父さんが高校時代の同級生と再会したことから起こる騒動を描いていますが


高齢者の免許返納問題や孤独死についても触れています。


今回も期待を裏切らない面白さでした。


このシリーズ…様々な小ネタが散りばめられていて

それが単純に面白いだけではなく

台詞回しが抜群に良いです。

脚本が良いということなんだと思います。


登場人物も皆さん個性的ですね。


今回は吉行和子さん扮するお母さんがちょっとだけの出演で

(オーロラを観に北欧旅行に出かけて不在という設定)

ちょっと残念でしたが

だからこういうストーリー展開も可能だったと思いました。




再会した同級生がすっかり落ちぶれていて

その理由が過去に人身事故を起こして

補償のために破産してしまった。

それを知ってお父さんが免許返納をする…


という流れになるのかな?


って思いながら観ていましたが


全然違っていました💦




古き良き時代のホームコメディスタイルで

私はこのシリーズ…好きです。


お時間があればどうぞ。



トラウマ 25年の悲痛

2015年のカナダ=アメリカ合作のテレビ映画です🎬

監督はブライアン・スキーバ。




酒乱の父によって母が命を落とす現場を目撃してしまった幼児のヤスミン。

25年後、検察官になったヤスミン(ブリー・ウィリアムソン)は知事の息子ティモシー・ロック(プリモ・アロン)による妻殺しの事件を担当していた。

ティモシーの容疑は明らかだったが、両親の事件と重なったヤスミンはショックから裁判中に卒倒し審理は無効になってしまう。

しかも父の事件を知られた彼女は、ティモシーを有罪にして父への復讐を果たそうとしていると言われ、そのために不正を犯したとマスコミに報道される。

騒ぎから身を隠すため、上司の命令でヤスミンは娘ペイジ(エミリア・バラナック)を連れ姉ローラ(ジル・モリソン)が暮らす故郷へ。

隣人で精神科医のピーター(マイク・ドプド)の優しさもあり、ヤスミンは少しずつ落ち着きを取り戻していった。

しかしそこへ接近禁止令が出ている父ジャック(ウェスレイ・ソルター)が突然現れて……。










アルコール依存症のDV父のせいで母を亡くし

以来PTSDに悩むシングルマザーのお話です。


彼女の心の傷を癒そうと

お節介姉とちょっと空気読めない精神科医が奔走するのですが


観ていてイライラしました。


PTSDの治療はそんなに強引にやっちゃダメだってー


と思わず叫びそうになりました。




法廷ドラマ様だったのは最初だけで

サスペンス要素は少なく

家族を描いたヒューマンドラマ的な感じでした。


結末は途中からわかってしまいましたが

結構面白かったです。


ただ

ティモシーの裁判は結局どうなったのか?

が描かれていなくて


もっと言えば


ヤスミンが何故シングルマザーなのか?

とか

父に捨てられたあと姉妹はどうやって生計を立てていたの?

などなど


いろいろわからないことがわからないままエンディングを迎えたのがちょっともったいなかったように思えました。



ヤスミンの娘のペイジ…可愛かったですね。



まずまずお薦めの作品です。

お時間があればどうぞ。


※予告編はありません。

アマゾンプライムで観れます。

月と雷

2017年の日本映画です🇯🇵

角田光代先生の同名小説が原作です。

監督は安藤尋




幼いころに母親が家を出て行って以来、一般的な家庭を知らずに育った泰子(初音映莉子)は、スーパーのレジ係として働いている。

彼女は亡き父がのこした家と職場の往復する毎日を送っていたが、婚約者もいてそれなりに充実していた。

だがある日、突然父の愛人の息子である智(高良健吾)が姿を見せたことにより彼女の生活は一変する……。











幼少期に母親が家出して普通の家庭を知らずに大人になった女性の元に

父親の愛人だった女性の息子が突然現れ

その日常が変化していく様を描いたヒューマンドラマです。


要は


家族をテーマにした擬似家族のお話です。


登場人物が全員破綻したパーソナリティの持ち主で


ある意味救いようがないお話でした。


なので感情移入はし難かったのですが


主人公の泰子を演じた女優さんが下手すぎて

感情移入以前に

心理的機微みたいなのが全く伝わってこなかったです。


とても残念でした。


ただ一方で

父親の愛人役の草刈民代さんの演技はとても素晴らしかったです。


やさぐれ具合とぶっ壊れ具合がお見事でした。




草刈民代さんの息子役の高良健吾さんの抑え気味の演技も圧巻でした。




匂わせぶりなラストでしたが

まあそうなるだろうな…って終わり方で

想定内でした。


お時間があればどうぞ。



最初の人間

2011年のフランス=イタリア=アルジェリア合作映画です🎬

アルベール・カミュの未完の遺作である自伝的小説が原作です。

監督はジャンニ・アメリオ




1957年のアルジェリア
フランスに住む作家のジャック・コルムリ(ジャック・ガンブラン)は、独立紛争まっただ中の故郷に帰ってきた。
母(カトリーヌ・ソラ)は、かつてのアパートに今も暮らしていた。
旧友に頼まれ彼の過激派の息子の釈放を政府に掛け合ったコルムリだったが、その息子は断首刑に処されてしまう。
そんな中、コルムリは自由と平等のためにラジオで演説する……。









成功した作家が母のいる故郷アルジェリアを訪れ

フランスからの独立をかけて戦争を繰り広げる故郷の現状を憂い

模索する姿を描いたヒューマンドラマです。


未完の作品を映画化したものなのでどことなく断片的な感じは否めませんが


ノスタルジックな雰囲気を纏った素敵な映画でした。




タイトルの『最初の人間』の『最初』って何だろう…と考えながら観ていましたが


いろいろな意味が含有されていると思います。


字が読めない未亡人の母親

中学校へ行っても役に立たないという祖母

工場で馬車馬のように働く叔父

頭よりも手を動かす仕事しかできなかった旧友

爆弾テロを起こして絞首刑になったその息子…


みんな悲しい人たちです。

人間らしい人生ではありません。


その中で成功者となったジャックとの違いは何なのか?と問えば


教育を受けることで人は人間らしく生きることができる


つまり、ジャックこそが『最初の人間』なのでは?


と私感ですがそう思いました。




ジャックの幼少期を演じた子役…可愛らしかったですね。





かなりお薦めの作品です。
是非‼️